認知症問題について朝日新聞にて「家族信託」が取り上げられました。 | 家族信託相談所

家族信託実績多数の司法書士法人

家族信託相談所へお電話でのお問い合わせ
家族信託相談所へメールでのお問い合わせ
  • 家族信託とは
  • 活用事例
  • 料金
  • 事務所概要

認知症問題について朝日新聞にて「家族信託」が取り上げられました。

2018.2.21

認知症発症による「財産凍結」や「空き家の維持費」問題などから、成年後見制度の限界を示唆しつつ、オーダーメイド型の「家族信託」による解決方法を案内する内容となっています。

成年後見制度は本人を保護する制度としては有効なのですが、成年後見制度では原則、本人の家族のために資産を使うことができないため、双方認知症となった夫婦の片方の財産を、もう一方の配偶者のために使えるかどうかというところが問題となってきます。

家族信託を利用し、受益者に他方の配偶者も指定してあげることで、将来生じうる問題を柔軟に解決していくことが可能です。

お問い合わせ

ページトップ